雇用保険の受給条件になるには?

雇用保険の受給条件になるには?

雇用保険に加入しているからといって、退職後に失業手当がもらえるとは限りません。

 

1年たたないうちに、会社から解雇されたり、突然会社が倒産してしまったりすると、受給資格を取得できないまま失業に突入してしまいます。
まだ半年しか勤務していない人は、あと半年は何としてでも我慢して勤めるべきでしよつ。

 

 

雇用保険で受給資格をえるには

 

退職前の過去2年間に雇用保険に加入して保険料を払っていた期間(被保険者期間)が 12か月以上あること(期間が丸まる1か月あり、そのうち出勤日が11日以上ある月のみ1 か月として計算)

 

という条件が必要になります。

 

基本は1年勤続が条件

 

要するに、勤続1年以上にならないと、受給資格は発生しないわけです。

 

まだ半年しか勤務していない人は、あと半年は何としてでも我慢して勤めるべき。

 

 

けれども、自分ではどんだけ1年以上勤めたいと思っても、意識し通りにいかないのが世の常です。

 

転職したりした場合も受給可能な場合は

 

ひとつの会社では参加期間が12か月に満たなくても、ほかの企業での参加期間を足すと12か月にれば可能です。

 

具体的には
いま勤務している会社は、まだ半年しか参加していなくても、前に勤めていた法人でもう半年参加していた事例は、いずれもの参加期間を通算するとちょうど12か月になって受給資格はギリギリ、達成する事になります。

 

ギリギリ1年未満の人の場合

 

 

勤続11か月で退職した人は、失業手当の受給資格は満たせませんが、次の転職先で採用保険に参加して1か月以上勤務すると、その時点で受給資格を取得できるなわけです(とはいっても、再就職までに1年を超える空白期間がある場合は、その前の参加期間は通算できない)。

 

 

 

ただし例外もあります

 

半年で失業保険が支給される場合

 

この規定には、ひとつ特例的な措置が設けられています。

 

企業の一方的な都合によって退職した人(会社都合)に限っては、本人から辞表を出して退職した人(自己都合)の二分の一の期間(退職前1年間に6か月以上)採用保険に参加していれば、受給資格が得られるようになっているのです。

 

 

まとめ

 

自己都合は1年勤務
会社都合は6か月勤務

 

失業保険受給資格が受けられると覚えておいてください。

 

 

 

 

 

トップへ戻る