非正規社員と雇用保険について

非正規社員と雇用保険について

採用保険システムでは、勤続6か月で受給資格が得られたり、所定給付日数が上積みされたり、給付制限なしで翌月から失業手当を受け取れたり必須な極意では、ことごとく会社都合で退職する人が優遇されています。

 

 

この点だけは、非正社員にとっては、大きな良い面と言えるでしよう。

 

ココが重要着眼点不利な期間契約で働く労働者が、その前提を拒否して退職するのは、「正当な所以がある」わけですから、給付制限を課すには余りに理不尽。

 

ですから、6か月で受給資格が得られたり、所定給付日数が上積みされるといった企業都合退職者に与えられる特典は、原則として全部得られないのですその代わりといっては変ですが、退職訳が「契約期間満了」とされれば、労働者と会社側のどっちが「契約更新」を拒否したかにかかわらず、3か月の給付制限だけは課せられない事になっているのです。

 

その事例、退職所以は、法人都合ではなく「契約期間満了」となります。

 

なぜならば、非正社員の時、6か月契約とか1年契約など、あらかじめ採用期間が定められているのが一般的ですから、企業が人員掃除をしようとするケースには、契約期間途中には解雇せず、その契約期間満了を待って「次回の契約は更新しない」とする時が圧倒的に多々あるからです。

 

法人と交わした契約期間が満了する機会で辞めさえすれば、「給付制限なし」のスペシャル措置をいともカンタンに手に入れるする事が可能なのですから。

 

非正社員が採用保険をうまく有効使用できない事があります。

 

それは、企業の都合で解雇されたにもかかわらず「法人都合で退職」という形で終了して失業保険の給付受ける事がとが意外に上級者向けの事です。

 

それ故、自らから契約更新を拒否しても、「給付制限はなし」の措置が取られているのです。

 

この退職要因は、採用形態とは直接の係りはないのですので、非正社員でも正社員と同じように、法人から一方的に解雇されたり、法人が倒産した時には、もちろん、法人都合として扱われます。

 

意外に思われるかもしれませんが、「契約期間満了」は、断っておきますが自己都合のバリエーションのひとつにすぎません。

 

ところが現実には、なかなかそうはならないのです。

トップへ戻る